中村眼科
中村眼科 概要 中村眼科 アクセスマップ 中村眼科 スタッフ紹介 中村眼科 院長室 中村眼科Q&A 中村眼科 患者様の声 中村眼科 プライバシーポリシー 中村眼科 サイトマップ
乱視矯正
外来診療のご案内 院内のご案内 検査機器のご紹介
目の構造 主要疾患 白内障手術 お客様の声
ホーム
お客様の声 お知らせ ホーム
視力測定には視力表を使います。通常は視力表から5メートル離れて測ります。
1番上の所が0.1になり、これが見えない場合には0.1指標(ランドルト環)を近づけて、見えたところの距離から視力を測定します。また、小児では幾つも指標が並んでいると混乱してうまく指標の区別ができないこともあります。このような場合、表示する視標が一つだけの「単一視標」による字ひとつ視力で測定します。
5m視力を1.1mの距離から測れる視力表です。通常の3台の5m視力表とあわせると4台の視力表があり外来が混み合っても十分対応できるようになっています。この視力計を使われたことがない方は一度お試しになってみてください。
 視力低下の原因には種々の疾患が含まれますがその中でも最も多いのは、屈折異常です。
 遠視、近視、乱視といった屈折度を測定する精巧な装置で、同時に角膜中央の角膜曲率半径を測定することもできます。
 また、調節力測定(アコモド)もできます。
 一般的には片目で固視した状態でどのくらいの範囲が見えているか、また光に対する感度を測定します。
 視野測定は、眼科はもちろん脳外科・神経内科・耳鼻科などとも関係のある非常に重要な検査です。視野検査は2種類に分かれます。
 光刺激の強さをあらかじめ定めておき、指標を動かして見える所と見えないところとの境目を求める方法です。
 光刺激の強さを色々に変えて測定すれば、視野全体の量的な判定も可能です。
 自動視野計としては最大級の広範囲60度の視野まで測定できる機戒です。
緑内障の経過判定はハンフリー視野計に及びませんが、初回、視野測定で様々な病気の可能性が考えられるときなどでは広範囲の視野が測定でき、かつ、様々な病気可能性を指摘してくれるため、かえって有用のことがあります。通常は繰り返し使用することはありません。
 自動視野計を用いて測定します。自動視野計はコンピュータによってプログラミングされた視野内地点の感度を測定する視野検査です。コンピュータ化によって検者の技術に左右されないという客観性があり、長期にわたる経過観察に優れます。さらにゴールドマン視野計では現れない様な微妙な感度低下も検出可能です。
 緑内障では定期的に測定して、変化の様子をデータ解析していく必要があります。
 ドイツのツァイス社の最新のテクノロジーを駆使し、長年の研究・開発から確立された新技能が豊富に搭載されています。
 とかく、時間を要する視野検査をスピーディーに行えます。緑内障性の視野欠損を早期の段階で検出でき、緑内障分野の最新のトピックの1つとなっています。ドイツのツァイス社の長年のリサーチ研究から生まれた新技術です。
 よく見ることができる範囲はどこから、どこまでかを測定します。眼精疲労・調節失調症老視の診断に使用します。 
 PASCALはショートパルスと高出力により網膜内層や脈絡膜への影響を大幅に軽減し、
 患者さんの疼痛を軽減し従来のレーザ以上の治療効果を得ることを可能にしています。

 詳細はこちらをご覧ください
 レーザー光線による熱作用を利用し、網膜や虹彩を治療することができます。
 痛みもほとんどなく、外来で処置することができます。
 対象疾患は、糖尿病性網膜症・網膜静脈閉塞症・中心性網脈絡膜症・網膜剥離・網膜裂孔・緑内障などがあります。当院のレーザー装置は、凝固光を赤、黄、黄緑、緑の四色より選択でき幅広い範囲で使用できるハイエンドモデルです。
 主に点眼薬で十分眼圧のコントロールができなくなった緑内障に対して行う治療です。隅角にある線維柱帯色素細胞にレーザーを照射し房水の流出率を改善します。世界最大のレーザーメーカールミナス社独特の最新技術で、緑内障の原因のひとつである色素細胞にだけ作用するので線維柱帯に障害を与えることなく眼圧を下げることができます。
  YAGレーザーのエネルギーを使って虹彩切開術、後発切開術などを行う為の装置です。
 白内障手術後のケアーや緑内障等の治療に適応されており、外来で痛みもなく短時間で終了します。
  1. 後発切開術
    白内障の手術後、水晶体嚢が混濁し視界がぼやけることがあります。
    YAGレーザーを使用して眼内レンズの後ろにある後嚢に切り込みを入れ、視界の中心部をクリアにします。手術は痛みを感じないまま終わります。
  2. 虹彩切開術
    眼の中には栄養などを運ぶ房水と呼ばれる水が流れています。房水の出口が狭くなり、房水の流れが妨げられる事によって急性の緑内障の発作(突然の眼の痛みや頭痛、嘔吐等)を起こすことがあります。この様な発作時や、将来この危険性のある方にレーザーを虹彩に当てて穴を開け、房水の流れを良くし緑内障発作の治療や予防を行います。
超音波を利用して行う検査です。
 眼軸長計測。(眼の前後径、成人正視眼の眼軸長は標準約22〜23mm)
白内障手術の術前検査として用いることが多いです。 
ブローブと呼ばれるペン状の器具の先端を角膜表面にそっと当てる程度で、負担は少なくてすみます。
 一種の断層像が得られるので、病変の観察が容易であり、硝子体出血や眼内腫瘍などの検査に有用です。
 超音波を利用し、角膜の厚さをミクロン(1/1000ミリ)の単位で測ります。Aモードと同様に、ブローブと呼ばれるペン状の器具の先端を角膜表面にそっと当てるだけで角膜厚を瞬時に測定できます。
 眼底疾患(網膜剥離、網膜裂孔、黄斑変性症、網膜静脈分岐閉塞症、緑内障etc ..)の診断、記録、患者様への説明等に用います。
 また、蛍光眼底撮影(FAG、ICG)や造影剤を使用せずに網膜色素上皮の機能を観察できる自発蛍光眼底撮影で眼底の診断をより正確に行うことが可能になりました。
 キャノン社製眼底カメラ(EOS装着) 糖尿病性網膜症・網膜中心静脈(分子)閉塞症・加齢性黄斑変性症などの網膜・脈絡膜の血管に由来する病気の詳しい検査の時、腕に蛍光造影剤を注射して写真をとります。病気の重症度の判定や治療方針の決定に有用な検査をするための機械です。
 眼の病気を診断する上で最も基本的な検査です。細隙顕微鏡は、眼瞼(まぶた)、角膜、結膜、虹彩、水晶体、硝子体などの各組織に光を当て顕微鏡で拡大してその組織の状態を詳細に観察できます。
 また、隅角鏡や眼底鏡などのレンズを使用することにより眼の中に流れる房水の出口や眼の奥の網膜を観察することができます。当院では3CCDカメラによる掲示で、患者様や家族の方に眼の状態を実際に見ていただけるようにモニターが設置してあります。また、デジタル装置に記録され、随時記録でき、比較も容易にすることも可能です。当院では高品質を誇るドイツのツァイス社のハイエンドモデルを使用しています。
  眼科手術はほとんどが顕微鏡を用いて行われます。
 当院では、最高の操作性と高品質の光学性能を要するドイツのツァイス社の製品を使用しています。
 手術室で行う必要のない眼瞼の手術後の抜糸や眼表面の異物の摘出、先天性鼻涙官閉塞症の治療などに使用されます。この顕微鏡もドイツ zeiss社製で優れた光学特性をもつハイエンドの顕微鏡です。
 当院では原則として小さなお子様でも大人と同じハイエンドの顕微鏡で診察を行います。ただし、患者様の苦痛を伴うと判断した場合や頭部の動きが激しい場合はこの手持ちのコードレス顕微鏡を使用する場合もあります。この場合、光学特性は劣っているようです。
OCT(光干渉断層計)の検査とは?

この検査で分かることは
主に網膜の断面と視神経線維の厚みで 3D(立体画像)表示もできます。
OCTは、眼の奥にある網膜を輪切りにした画像を撮影します。
網膜の黄斑部(ものを見る中心部)などの画像を撮ることで、加齢性黄斑変性や、糖尿病黄斑症、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などによる黄斑浮腫や出血の診断・経過観察などに用いられます。また、網膜の視神経の厚みも測定でき正常者のデータベースと比較できるため、緑内障の診断や経過観察にも有用です。OCTは短時間で画像の測定と解析ができ、患者様への負担も少なくてすみます。

海の中の様子を海の上から見ても海中にどんな魚がいるのか?海底は岩場なのか?砂場なのか?海草が生えているのか? など分からないように 普通の眼底検査とOCT検査の情報量は差があることがよくあります。

 干渉計を用いた非接触測定により、眼の大きさを0.01mm2単位まで正確に測定します。白内障手術に用いる眼内レンズの度数を超音波(Aモード)による測定に比較し精密に予測でき、手術のクオリティーを高める新技術を用いた装置です。眼軸長、角膜屈折力、前房深度も同時に測定記録できます。ドイツのツァイス社の最新のテクノロジーです。 
 虹彩(茶色眼)や、その後方の脈絡膜に炎症があると外から見える前房に炎症の兆候が現れます。炎症が強い時は普通の検査で分かるのですが、微妙な場合にはレーザーフレアセルメーターで調べることが大切です。この検査は、ごく弱いレーザー光線を眼に当てて前房から反射してくる光を測定します。何もなければ反射はないのですが、炎症が多少ともあると炎症状の細胞や蛋白質などによって前房が濁って検出することができるのです。
 角膜炎や虹彩炎(ぶどう膜炎)等の診断を確定したりその経過を見ていく時検査を行います。
 アイケアは、麻酔薬不要の手持ち眼圧計で眼の硬さ(眼圧)を測定します。
 プローブは、清潔に個包装されたディスポーザブルタイプで、感染症や微生物汚染の心配がありません。プローブの先端部の直径はわずか1.4mmで角膜への接触はソフトで痛みもなく、小児や眼裂の狭い患者さんの眼圧測定も苦痛なく楽に行えます。



 直接眼球に触れることなく眼の硬さ(眼圧)を測定します。正常の眼圧は10〜20mmHgで、病気の早期発見・早期治療の為にも眼圧測定は非常に重要です。
 角膜の透明性を維持している角膜内面の角膜内皮を撮影することによって、その形状や面積の異常を調べます。細胞数は約3000個/mm2くらいあると正常といわれています。
 加齢変化により徐々に減少しますが、外傷、眼内の炎症、コンタクトの長期装用者では著明に減少していることがあります。600〜700個/
mm2以下にまで減少してしまうと角膜(黒眼)は白濁して、光を通さなくなります。
 角膜の形状や屈折の特徴に関する情報を収集する装置です。白内障や乱視矯正術の術前、円錐角膜の診断に有用です。乱視を精密に測定します。
 ストロボフラッシュを使って網膜を刺激しその活動電位を測定します。網膜色素変性症などの眼底疾患や硝子体混濁等の検査に用います。
 遠近両用の眼鏡ですら簡単に度数の計測ができる眼鏡の度数を計測する機械です。眼鏡が合っているか、使用中の眼鏡や作成された眼鏡の度数を測定して眼鏡処方の参考にします。
Copyright (C) 2006-2014 Nakamura Eye Clinic. All Rights Reserved.